アマチュア無線局 ex JA4BBH骨董品博物館(2)真空管・真空管用ソケット(2)

最初に、アマチュア無線局 ex JA4BBH 博物館からのお知らせをご覧下さい。

秘仏のご開帳です。昔懐かしい物をお目に掛けます。
2003年度は12月8日に収納箱の扉を明けて少しだけ日光浴させました。
また、時間の取れる時に、ご開帳します。


[2009/03/23追記]これらの骨董品は、骨董RigであるTS-520X、TS770、FT-620、他一式を買い取って下さる方へのサービス品として保存してあります。但し、全て、働くか否かは不明です。(TS-520Xなどの一括の買取希望者が無い場合は、バラバラに分解して、捨てることにします。)

12ZE8

マジック・アイ」です!!

型番不明・・・珍品・奇品

用途も不明。
なんとなく、変わった真空管だということで、箱に入っています。

型番不明・・・珍品・奇品

これは計測器に組み込まれていたもので、中のニクロム線のヒータでバイメタルがくっ付くもので、遅延型の特殊リレーですね。
昔は、真空管のB電圧は、ヒータが燈ってから掛けると真空管が長持ちするという訳で、虎の子の807の長寿命化のために使ってみました。

低電圧放電管・ニキシー管

一番左は不明
左から2、3番目は低電圧放電管
左から4、5番目はニキシー管
一番右は不明

低電圧放電管はVFOの安定化の必需品でした。
ニキシー管は、1200MHzのトランシーバを製作した時、水晶発信の固定12チャンネルながら、いかに見た目を近代化するかで、ダイオードでマトリックスを組んで、周波数表示させていました。

真空管諸々

沢山あった中から、活きていそうなものを選んで残しておいたものです。
残した当時は、5球スーパラジオを作ってやろうと部品集めをしていましたが・・・・・あれから10数年過ぎたのかなあ???

ソケット

このソケットも高かったですよね。

お知らせ

次のページは、JA4BBH骨董品博物館(3)ディップメーター・水晶発信子 です。

アマチュア無線局 ex JA4BBH骨董品博物館(3)水晶発信子・ディップメーター・他
最初に、アマチュア無線局 ex JA4BBH 博物館からのお知らせをご覧下さい。 秘仏のご開帳です。昔懐かしい物をお目に掛けま...

ありがとうございました

私たちが開局した頃は、殆どがジャンク品を集めての自作。メーカー品は高値の花でした。
物作りが好きな私にとっては、作ったりばらしたりしている時間のほうが楽しかったですが、自作したリグで、電波を少しでも遠くへ飛ばせないか、少しでも遠くの局が入ってこないかなど、楽しい毎日であったことを思い出しています。
交信して頂いた皆様、遠くのほうから取材にきて下さった月刊誌の編集者の方、機器の自作であれこれと教えて頂いた皆様、ありがとうございました。
Best 88 & 73  de  ex JA4BBH

トップへ戻る