アマチュア無線局 ex JA4BBH歴史年表(2)1967年から1968年まで

最初に、アマチュア無線局 ex JA4BBH 博物館からのお知らせをご覧下さい。

1967/01/01 TRIO 9R59D TR-1000

受信機を9R59Dに交換。
50MHzトランシーバTR-1000もあります。

1967/01/10 SWR計 POWER計

計測器も自作でしたね。
赤いケースは、SWR & POWER計です。


1967/03/19 引越

柳井市から岩国市への引越し記念の並べ替え姿です。
一時お蔵入りしていたプラグインコンバータが復活です。

1967/05/16 マーカー発信器(真空管式)

受信機の周波数校正のために、マーカー発信器(真空管式)を製作。


1967/10/9 3.5MHz~28MHzのオールバンド送信機

3.5MHz~28MHzのオールバンド送信機を製作して入替えました。

1968/01/02 TRIO DM-6 グリッドディップメータ

ディップメータが自作品から、TRIODM-6にレベルUP。
昔は、測定器であるディップメータも自作していました。

お知らせ

写真は焼付けされたものからスキャナで取り込みました。
なにしろ昔のことですから、ネガフイルムが無くなっていたり、変色したりしています。
昔なつかしいRIGが並んでいますので、昔のことをご存知の方は眺めて下さい。
なお、タイトルの日付の後には、昔なつかしいキーワードを記しておきます。


次のページは、歴史年表3/6ページです。

アマチュア無線局 ex JA4BBH歴史年表(3)1968年から1970年まで
1968年から1970年のex JA4BBHのシャックを紹介します。1968年には21MHzでSSBに入り込み、1969年にはマイホーム完成によりHAMはTR-5000にして一旦縮小。しかし、1970年にはFL-50B、FR-50Bを導入して、本格的にSSB化へ向かいました。

ありがとうございました

私たちが開局した頃は、殆どがジャンク品を集めての自作。メーカー品は高値の花でした。
物作りが好きな私にとっては、作ったりばらしたりしている時間のほうが楽しかったですが、自作したリグで、電波を少しでも遠くへ飛ばせないか、少しでも遠くの局が入ってこないかなど、楽しい毎日であったことを思い出しています。
交信して頂いた皆様、遠くのほうから取材にきて下さった月刊誌の編集者の方、機器の自作であれこれと教えて頂いた皆様、ありがとうございました。
Best 88 & 73  de  ex JA4BBH

元祖・田舎村
元祖・田舎村
このサイトで紹介しています機器類や資料などのデータについて
このサイトに残されたデータは残してありますが、紙の元資料は廃棄(焼却)済です。安倍首相夫人が絡んだ森友学園疑惑の近畿財務局の真似をした証拠隠滅ではありません。コンピュータ内のデータを削除しても、専門家に依頼すれば復活できてバレてしまいますし、私は今さら佐川局長のように国税庁長官へ出世出来る歳でもありませんので・・・それにしても、私もコンニャク10枚くらいは欲しかったです。
2019/12/25追記
このサイトに残されたデータの中には、桜を見る会の安倍首相や昭恵夫人ように、公費を私的に使用したとバレバレのものもあるため、菅官房長官の真似をして、バックアップを削除しました。菅官房長官の出鱈目見解によると、バックアップは正規の文書ではありませんし、復元は不可能とのことですから、無事に闇に葬ることが出来ました。・・・しかし、私の5000円のソフトウエアなら、復元出来てしまうのには困っています。
011 JA4BBH
この記事をシェアする
アマチュア無線局 ex JA4BBH 博物館 (ex JA4BBH's Museum)