ex JA4BBH が発行したQSLカードの歴史(1)

シェアする

スポンサーリンク

ex JA4BBH が発行したQSLカードの歴史(1)

開局当初から発行してきた ex JA4BBH のQSLカードがサンプルとして残してありましたのでご覧いただきます。

ex JA4BBH とQSOして頂いた方は、どのカードをお持ちでしょうか?

No.1

開局したばかりの頃の月給は税引き前で\8,350。税引き後は\7,000くらい。

間借りしていた部屋は、4畳半で\4,500。
食費は、会社の食堂で3食利用で\1,800。
これに、銭湯代なども必要でした。

なにしろ貧乏生活を続けていましたので、QSLカードの印刷をする余裕などは無く、JARLの規格カードを使用していました。

No.2

少しは金銭的に余裕があった時、QSLカードの印刷をしました。

JA4LK局の印刷店へ依頼。

ガリ版印刷(謄写版印刷)でした。

No.3

謄写版を借りて、自作してみました。

少しでも色気を付けようと思って、カラーの用紙を使用してみました。

No.4

1962年の、「第3回柳井産業祭(柳井市)」で、柳井クラブが公開実験を行った時の記念QSLカードです。

No.5

1963年の、「第18回国民体育大会 柳井卓球会場」で実施した公開実験の記念QSLカードです。

No.6

謄写版印刷の手作りQSLカードです。

No.7

1964年の東京オリンピックの開催の前に、PRのためにJARLが発売したQSLカードに自分のコールサインを追記して使用しました。

No.8

本式の印刷のQSLカードです。

この頃からはQSLカードを専門に印刷するところが現れ、何種類の中から選んでいたと思います。

No.9 ~ No.11

EXPO’70 大阪万博の開催を前に、PRのためにJARLから発売されたカードを使用しました。

コールサインはオプションで印刷してもらいました。

No.12

QSLカードの印刷では、オプションとして「コールサイン」、「QTH」、「QRA」の追加が選択できるようになっていました。

ありがとうございました

私たちが開局した頃は、殆どがジャンク品を集めての自作。メーカー品は高値の花でした。
物作りが好きな私にとっては、作ったりばらしたりしている時間のほうが楽しかったですが、自作したリグで、電波を少しでも遠くへ飛ばせないか、少しでも遠くの局が入ってこないかなど、楽しい毎日であったことを思い出しています。
交信して頂いた皆様、遠くのほうから取材にきて下さった月刊誌の編集者の方、機器の自作であれこれと教えて頂いた皆様、ありがとうございました。
Best 88 & 73  de  ex JA4BBH

【緊急のお知らせとお願い】このサイトはサーバーの容量制限に達しましたので、サーバー内の未使用の画像を削除中です。間違って必要な画像を削除してしまうことがあると思いますが、お気付きの場合はご連絡をお願いします。
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

トップへ戻る