アマチュア無線局 ex JA4BBH歴史年表(1)1961年から1966年まで

シェアする

最初に、アマチュア無線局 ex JA4BBH 博物館からのお知らせをご覧下さい。

スポンサーリンク

1961/08/15 終段:6V6G 変調:6V6G メタル管を使用した送信機

開局して1ケ月。ジャンク品を集めて手作り。
送信機のPAは「6V6G」、MODも「6V6G」、中古のメタル管でした。
受信機は「高1中2」。
6H6」も中古のメタル管でした。
電流計を買う余裕がなかったので、送信機も受信機も取り付けられる穴だけは明けておきました。

1961/10/01 グリッド電流計 プレート電流計 Sメータ

なんとかIgメータIpメータSメータを付けました。
受信機には、3,500KHzのマーカーを追加。
高圧電源の電解コンデンサの抵抗器を、親指と人差し指で触って、感電したこともありました。親指と人差し指の筋肉が縮んで、電源スイッチを切るまでは指が離れませんでした。


1962/08 アンテナカップラ

ANTカップラを追加。
電源は放熱のため、上蓋が開いています。

1964/01/27 TRIO 9R59

全て新調して少しは見栄えが良くなってきました。
受信機はメーカ品、TRIO9R59ですが、送信機はケースキットの利用です。


1966/01/01 DELICA プラグインコンバータ ダブルコンバージョン

50MHzを始めるために、受信機が入れ替わりました。
DELICAプラグインコンバータを使ったダブルコンバージョンです。
50MHzの送信機も追加しました。

1966/10/16 自作送信機

性能UPを狙って、送信機を作り替えました。

お知らせ

写真は焼付けされたものからスキャナで取り込みました。
なにしろ昔のことですから、ネガフイルムが無くなっていたり、変色したりしています。
昔なつかしいRIGが並んでいますので、昔のことをご存知の方は眺めて下さい。
なお、タイトルの日付の後には、昔なつかしいキーワードを記しておきます。


次のページは、歴史年表2/6ページです。

アマチュア無線局 ex JA4BBH歴史年表(2)1967年から1968年まで
ex JA4BBHの1967年から1968年の姿を紹介します。この頃になると、メーカー品を使用する機会にも恵まれ、TRIOの9R59DやTR-1000、DM-6、DELICAのプラグインコンバータも並んでいます。

ありがとうございました

私たちが開局した頃は、殆どがジャンク品を集めての自作。メーカー品は高値の花でした。
物作りが好きな私にとっては、作ったりばらしたりしている時間のほうが楽しかったですが、自作したリグで、電波を少しでも遠くへ飛ばせないか、少しでも遠くの局が入ってこないかなど、楽しい毎日であったことを思い出しています。
交信して頂いた皆様、遠くのほうから取材にきて下さった月刊誌の編集者の方、機器の自作であれこれと教えて頂いた皆様、ありがとうございました。
Best 88 & 73  de  ex JA4BBH

【緊急のお知らせとお願い】このサイトはサーバーの容量制限に達しましたので、サーバー内の未使用の画像を削除中です。間違って必要な画像を削除してしまうことがあると思いますが、お気付きの場合はご連絡をお願いします。
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

トップへ戻る