ex SWL JA4-1159 の 懐かしい受信記録(2)DX(Over sea) (2/3)

シェアする

スポンサーリンク

ex SWL JA4-1159 の 懐かしい受信記録(2)DX(Over sea) (2/3)

1958年、1959年頃は、南米からもA3の電波が届いて来ていましたよね。
真空管式の受信機で、QSBを伴う電波を受信していました。

SWL JA4-1159の頃・・・1960年7月当時のMT管、GT管、ST管、メタル管の混合の自作の受信機
高校時代にアルバイトをして買ったパーツとジャンク部品を使用して組み立てた受信機です。3.5MHz、7MHz、21MHzのアマチュア無線周波数帯専用で、コイルはプラグインボビンへ手巻きしたもの。バンド切替はプラグインコイルを差し替えて行っていました。MT管、GT管、ST管、メタル管の混合。

DX(Over sea) (2/3)

KR6LP 1958/09/23 Okinawa Okino Erabu Shima
KR6MG 1959/04/26 14MHz A1 Okinawa
KR6RY 14MHz
KR6QM 1959/11/23 14MHz Okinawa


KX6AF 1958/10/25 14MHz A3 Marshall Island
KX6BT 1959/01/18 14MHz Marshall Island
LU3DGX 1958/11/15 14MHz A3 Republica Argentina
LU6BBA 1958/11/19 14MHz A3 Republica Argentina


LU7DJU 1958/11/15 Republica Argentina
LU9IJ 1959/05/24 Republica Argentina
OA1A 1958/12/03 Peru
OA4AO Peru


ON4IW 1959/03/25 21MHz A3 Belgium
PY1NC 1959/01/11 14MHz A3 Brasil
PY3APH 1958/11/16 Brasil
TI2OE 1958/10/26 14MHz Costa Rica


UA0EH 1960/10/30 21MHz USSR
UA0LC 1959/04/10 21MHz USSR
UA0LS 1959/03/22 7MHz USSR
UA0KKB 1959/02/08 14MHz USSR


VE7SB Canada
VK2AIA 1959/06/15 14MHz A3 Australia
VK2AKF 1958/10/25 14MHz A3 Australia
VK4PF 1958/06/12 14MHz A3 Australia

ありがとうございました

私たちが開局した頃は、殆どがジャンク品を集めての自作。メーカー品は高値の花でした。
物作りが好きな私にとっては、作ったりばらしたりしている時間のほうが楽しかったですが、自作したリグで、電波を少しでも遠くへ飛ばせないか、少しでも遠くの局が入ってこないかなど、楽しい毎日であったことを思い出しています。
交信して頂いた皆様、遠くのほうから取材にきて下さった月刊誌の編集者の方、機器の自作であれこれと教えて頂いた皆様、ありがとうございました。
Best 88 & 73  de  ex JA4BBH

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

トップへ戻る